Second DAY

適当なただの日記です。

練習③と戯言

 

f:id:mumkick:20170423230829j:image

 

 

 

もうすぐは〜るですねぇ♪

恋をしてみませんか〜♪

 

が急に頭から離れなくなる不思議。

もう既に春なのに。

なんならそろそろ初夏。

 あとその曲世代じゃない。

 

そして恋はしてない。

相変わらず。

 

いやぁもう、恋愛においても色々足りてないものが多いですね私は。

いや、と言うか人として色々足りない。

 

 

あ、でも最近ひしひしと感じているんですけど、やっぱり“お互いに足りないものを補い合える関係”が理想の恋愛かも知れないなって思う今日この頃。

オーソドックスな感覚ですが。

 

あのー、「ジブリ好き、猫好き、アート好き、人混み苦手、滅多に怒らない」という、べらぼうに好みや生態が似てる友達が出来たんですけど。

 

その子に、

ジブリ映画で何が好き?」

って聞いたら、

耳をすませば

って言われたの。

だからね、

耳をすませば!良いね!」

「いやー、しかしあれだね、初めてアレ見た時は、雫がすごいお姉さんに見えたけどさ、いつの間にかどんどん年下になっちゃってさ、切ないよね」

的な事を話したら、

「雫…?って誰?」

 とか言うんですよ。

 

 

え、えぇ〜〜〜???おぬ…おぬし!!

おぬし、たった今耳すまが好きと仰ったではありませぬか!!

ヒロイン!!主人公!!雫!!

本当に好きか?!おぬしぃ!!

 

 

いや、その、知らない事は全く悪じゃないし、全然教えるけども。

その要は、“好き”の感覚が違うのよね。うん。仕方ないと言うか、当たり前にある事なんですよ。

まぁ次同じ事があったら「おぬしぃ!!」で笑いに昇華出来れば良いなって話なんですが。

 

…でもあんまり笑わない人なんだよなぁ〜、笑ってくれるかなぁ。

まぁいいや。

 

 

趣味が一緒でも、こういう事もあるんだなと。

多分これからもちょいちょい「おぬしぃ」な気持ちになるだろうし、逆に相手が私に「おぬしぃ」を感じる事もあるでしょう。

 

同じ事を同じテンションで楽しめるならお互い最高だけど、中途半端に一緒だと衝突することもあるかもね。

 

だから逆に、全然違う趣味持ってる人とか無趣味な人の方が、はなから知らない話聞けて楽しいかも知れない。

と言うか実際、楽しい。

 

 

まぁね、あくまで個人の好みの話なのでね。これが正解、って訳ではもちろん無いんですけどね。

 

そんな事を、考えたりしてます。最近。

 

 

そんで私は、たくさん笑い合える人が好きだわ。(結論)

 

 

 

 

✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️✏️

 

 

字の練習オマケ。

 

 

 

f:id:mumkick:20170423231303j:image

 

 「む」の壁。