読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Second DAY

適当なただの日記です。

漢字テストの思い出

こんばんは。

 

 

f:id:mumkick:20170501002435j:image

良い写真が撮れました。

スヌーピーミュージアムで買ってきたファーロンのぬいぐるみと、我が家の猫。

猫のキバってね、結構長いんですよね。

ちょっとしたみたいな感じです。

この脅威に日夜怯えています。

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

今日は、ひたすらゼンタングルをしていました。

本当は1日1枠埋めていこうと思ってたんですけど、描き始めたら止まらなくなってしまいました。

 

そんな訳で出来上がったのがこんな。

※細かい模様が苦手な方は高速スクロールをしてください。

 

 

 

 

 

 

f:id:mumkick:20170501004321j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特にテーマやコンセプトは無いですが。

 

手がもう、ガタガタです。

ペン先を潰さないために筆圧には注意したんですけど、普段使わない他の筋肉に変な力が入ってしまって、あのー、中指が痛い。 

早速ペンだこが出来そうです。

そうなったら私、中指と薬指にペンだこのある人になるんだな。

なんか得した気分です。

 

明日からまた普通に文字の練習します。

あ、日付変わってた。今日からです。

 

 なんの字にしようかなぁ。

最近よく暇な時に、学校で習う漢字を調べてます。

先生向けに用意された、授業で使えるプリントのデータが出てきたりするので、懐かしみながら見てます。

 

そう言えば私小学校一年生の時、人生で初めての漢字テストで、普通に隣の子の答案覗き込んでしまったんですよね。

で、その子に

カンニングだよぉ〜w」

と言われ、その語感の悪さに焦って

「ち、違うよ!」

とか返した記憶。違わない。

 

テストってもんが、全く分かってなかったんですよ。

幼稚園でやってないから。

本当にね、いわゆる座学的なものは何にもやらなかったんですよ。

毎日自然や動物と戯れたり、絵本読んだり絵を描いたり歌ったり。

遊んでばっかでした。

 

そんなだったんで、テストとやらに於いて、しちゃいけない事っていうのが、分からなかったんですよね。

なんなら、普段やってた練習プリントと大差無いもんだと思ってました。

だから、分からない事は教え合って当たり前。

逆に私も別の子に覗き込まれた時に見せたりしてました。

今思い返せばめっちゃ不正。

 

 

いやまぁ、本当に最初の頃だけですが。

もうね、知らないって怖い。

どうしようこの先、小学校卒業資格剥奪されたら。

よく凡ミスした人に、「小学校からやり直せ!w」と言ってからかったりする光景を見ますが、私の場合は冗談じゃ済まされません。 

ヤバい。普通に怖い。

教育実習生もしくは、他校から視察に来た先生かな?と思ったら生徒なの。

児童用の小さな机と椅子に、無理矢理収まろうとする大人。怖い。

 

 

ちなみに先生には何故かバレませんでした。

いや、もしかしたらバレてたのかも知れませんが。

こっそり成績に影響してたのかも知れない。

いやそれなら良いよ。

不正をした分しっかり成績を落としてもらって、その上で卒業出来たのであれば。

それなら安心。

 

 

 

まぁ言うて小学校、義務教育ですからね。大丈夫ですね。

 

 

 

 

 

何の話だったっけ?

 

 

 

 

まぁいいや、今日はこんな感じで。

 

 

おやすみ。