Second DAY

適当なただの日記です。

パーティーの時にニートじゃないという喜び

こんばんは。

 

ももちゃんの結婚パーティーにしていくアクセサリーを買って、当日爪に色塗って上から貼ろうと思っているネイルシールも買って、ドレスと靴は以前買ったものがあるので大丈夫だし、パーティー用の小さいカバンも買ったし、準備は万端です。

 

 

と思ったら、ドレスの上から羽織るボレロが無いの。あっは。

 

なんなの。

ドレス買った時にセットで付いてきたボレロ、どんなタイミングと気持ちで捨てたの?

その時の私何なの?妖怪「断捨離」だったの?

 

まぁ、夏なので「着ない」という選択肢もあるんでしょうけど、やっぱりワキ見られたくないしね。

準備しますよ。

 

 

もうすぐだなぁ〜

楽しみ。

 

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

仕事の初日だったんですけど、あの、楽しかったんですけど、ホントもう、オフィスも働いてる人達もみんなオシャレでキラキラしてて眩しくて、「私本当にここに居ていいの?感」がハンパなかったです。

私なんて高校中退して一時期半分引きこもりみたいになってたし、その時の何とも言えない空気感を引きずったまま大人になって4ヶ月ニートだったんだよ?

まぁ、いいやそれは。

 

 

でもみんな本当に優しそうな人達ばかりで。

正直まだ同じ部署の人しか名前は覚えてないんですけど(何人か紹介してもらったのに)、これから徐々に馴染んで覚えていきたいです。

 

 

嬉しいことに、初日にして褒めてもらえるような「結果」を出す事が出来たんですが、適当な事して迷惑も掛けました。

でも何だろう、とにかくフォローが優しい。

まぁその、さすがに初日だからというのもあるんでしょうけども、それにしたって優しい訳で。

 

お陰で緊張はするんですけど、不安は無かったです。

 

 

で、その、派遣先会社の上司が、

「その内資格取ってもらうから、勉強頑張ってね♡」

「菊ちゃんどぉ?順調?」

「前の上司に『派遣は絶対やめた方がいい』って言われたみたいだけど、そんなのは覆していこうぜ。時代は変わったんだよって。」

と、ハナから長期雇用するつもりのような態度で接してくれるので、モチベーションも上がると言うか。

特に最後の言葉は嬉しかったなぁ。

派遣はよほど優秀じゃない限り、簡単に切られるものだと覚悟していたので。

 

私の先輩に当たる男性も、私より若いのにしっかりしていて、努力家で面倒見の良い人でした。

もう、めちゃくちゃ頼りました。

 

はぁあ。本当に、ここに決まって良かったです。

 

 

 

何故か派遣会社側のルールで、「私服勤務の企業であっても初日はスーツでお願いします」と言われたので今日はスーツだったんですけど、来週からは晴れて私服です。ヒャッホーウ!!

動きやすい伸縮性ある生地!!歩きやすいペタンコの靴!!

今日は全員が私服の中、私1人だけスーツでちょっと恥ずかしかったんだからね!もう!

 

上司からも

「へぇ〜、スーツなんだね。私服でいいのにね。」

と言われ、

「そうですよね」

以外の言葉が出て来なかったよ。

 

 

いやぁ、面接やら何やらで散々窮屈な思いをさせられたスーツとも、これでしばらくはオサラバです。

よく頑張ったね。偉い。ありがとう。でも嫌い。

 

 

 

まぁ、今日は休日前で「良い刺激だったなぁ」ぐらいの感覚で終わってしまったんですが、来週からは慣れない5連勤、頑張ります。

これを当たり前にしていかなきゃ。

 

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

早過ぎて逆に怖い

こんばんは。

 

前回の日記で「通る気がしないよ」と泣き言を抜かした会社で、まさかの働く事になりました。

信じられない。

とりあえず現世では何も頑張って無いので、前世で何かしらすごい事をやったのかも知れません。

分かんないけど、鯛の踊り食いとか。そういう。

「いやぁ〜あいつはすげぇ事しやがるな!!わっはっは!!!」

とか周りに言われながら、窒息して死ぬ、っていう。

 

 

いやーしかし、やる事自体は少ないし単純ではあるんですけど、奥が深い仕事で。

電話応対が中心なので、言葉選びや声色が非常に重要。

 

しかも先月立ち上がったばかりの部署で、まだ色々と試行錯誤中という。

恐らく想像以上に大変です。

 

そんな場所に、最短で明後日(20日)から勤務する事になりそうです。

うん、もう、多分確定。

とにかく早急に人手が欲しい感じだったので。

心の準備を明日一日で済ませます。

 

でも、一つ安心したのは、働いてる方、マジでみんなガチ私服だったんですよ。

何かこう、言っても小洒落たオフィスカジュアルで行かなきゃいけないんでしょ?とか思ってたら、普通にTシャツにジーパンだったり、派手な柄のパーカー着てたり。

あぁ、いいんだなーって。

すごく安心しました。

 

 

派遣なので直属とは言わないんでしょうけど、私の上司に当たる方、先輩になる方もみんなとても人当たりが良く、楽しそうでした。

 

いやーもう。もうね。

コミュ障レベル3くらい(最高は7)の私がそんな素敵な人達の中でどれだけ頑張れるのか、果たして輪に入ることが出来るのかという、仕事とは少し外れた心配もあるんですが、まぁあの、クビにならないよう、精一杯やっていきます。

 

 

派遣はね、あのー、前職の上司から散々「何かあったらまず最初に切られるのが派遣だよ(だからやめた方がいいよ)」と言われていて、実際そうなんだろうなぁとも思うんですけど、履歴書無しで仕事が決まる、っていう、“楽さ”は個人的には良いです。

 

 

 

 

いやー、初めて。

初めてなんですよ。

誰も知り合いが居ない世界に飛び込むのって。

 

習い事も仕事も、思えば通信制の高校も、ことごとく全部「友達に紹介してもらって」始めてるんですよね。

しかも、紹介されたあともその友達は居続けるような状況で。

「私は居なくなるけどいい所だから!じゃーねー!」

みたいなのじゃ無いの。

 

だから人間関係もその友達を軸に構築出来て、比較的楽だったんですよね。

まぁその、仕事に関しては「友達が居るが故にやり辛くなった部分」も少なからずあるんですけど、それを差し引いても、かなり恵まれていたと思います。

 

 

これから。

これからですね。

どうしましょう。

私の事を知ってる人が誰も居ない。

 

正直、すっごい楽しそうだなと思ってます。

私の言動に、全員が新鮮な気持ちで接してくれるのかと思うと。

ちょっとね、あの、ニヤニヤしちゃいますね。

コミュ障のくせに。

 

 

 

まぁその、何はともあれですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

朝起きれるようにしないとですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

色々と良くなるといいなぁ話

こんにちは。

 

暑い。

暑いですね。

夏なんですね。

信じられない。

 

ここ数年出ていなかったアトピーが、何故か今年また両肘裏に出てきてしまったので、ぐぬぬってなってます。

せっかくももちゃんの結婚パーティーがあるのに。

ドレスで腕が出るのに!ふーん!

 

まぁ、出てしまったものは仕方がない。

でも今年はマジで搔き壊して悪化させたくないので、家にいる間は両腕に長めのサポーターをつける事にしました。

包帯だと巻くのが面倒だし、結局隙間から指が入れられちゃうんですよね。

だったらサポーターのが楽だし、通気性も良いからさして暑くもならない。

100均でね。買ってきました。

 

本当は、リストバンドがあったら良いなぁと思ってたんですよ。

汗を吸って欲しくて。

あと、リストバンドみたいにパイル地の柔らかい素材なら着けててムズムズしないし、締め付け感も無い。

サポーターだとちょっと素材固めだし、「支える」という目的があるので、やっぱりどうしても締め付けられるんですよね。

しかし、近所の100均にはkぉjm

 

 

唐突につみれの記念すべき初タイピングが始まりすみませんでした。

ついでと言わんばかりに腕と足を噛まれた…

 

で、なんだっけ。そう、そんな素敵なリストバンドはね、残念ながら100均に無かったので、サポーターにした次第です。

でも結構、役に立ってますね。

アトピーって自分の汗に反応して痒くなっちゃうんで、汗をかいた肌同士が直接くっつかないだけでも、だいぶ違います。快適。

 

 

 

f:id:mumkick:20170715130823j:image

個人的にアトピーが出来やすい箇所。

こんな風に、曲げ伸ばしが頻繁で、且つ汗をかきやすいくせに皮膚が薄いような所に出ます。

おあつらえ向きかよ。ちくしょう。

膝裏に関しては、最近こんなにしゃがむ事が無くなったのでもうずっと出てないんですけど、肘裏はアカンですね。

スマホいじったり、ゲームしたり本を読んだり、曲げる機会が多くて。

で、曲げてると熱がこもって汗かいて、かいた汗がそのまま肘裏全体に広がって、それに反応して痒くなって、掻いて、悪化するという。

ぐぬぬ案件。

 

しかし今年はサポーターがあるからね。

まぁ、本来サポートすべき内容とは違くて申し訳ないんだけど、頼りにしてますよ。

 

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

派遣会社に紹介された仕事先に私の情報を送って、その結果待ちです。

 

向こうが「いいよ」って言ってくれたら職場見学に行って、最終的に双方の合意を確認して就業になります。ドキドキ。

いやぁでも、どうだろうなぁ。あんまり自信は無い。

 

正社員では無いにしても、かなり好条件なんですよね。

なんかもう、前世でかなりの徳を積んだ人か、現世で色んなことをちゃんと頑張った人に与えられるようなお仕事で。

いやまぁ、決して楽な仕事って訳じゃないし、むしろ発足したての場所みたいなんで、色々大変だろうとは思うんですけど。

でも土日祝日休みで、9:00〜18:00の残業無しのオフィスワークで、時給は前職から300円アップで、自宅最寄駅から電車で一本で行けて、極め付けは、「茶髪・ネイルOK、服装自由」っていう。

オフィスカジュアルって逆に大変とは聞きますけど、制服もスーツも大嫌いな私には最高なんですよ。

 

何なの。何なのこれ。いきなりハイレベル過ぎるでしょ。

採用人数一人だし、通る気がしないよ。

全力で他も探さなきゃ。

 

あぁ、でも何かこう、良いですね。夢がありますね。

実際就業したら地獄のような仕事なのかも知れないですが、一時の妄想にふけるのもまた良し。

 

 

仕事が決まって収入を得たら、まずももちゃんちに行きますよ。

あ、ちょっと待って、違うな。

父に借金返すのが先だ…

 

ももちゃんちは、仕事決まる前に父に借金して更に先に行きますから。←

京都修学旅行ね。

下手したら勘当されるわ。

 

 

 

で、本当に収入が入ったら、「仕事が決まったら遊ぶ!」と私が勝手に決めている近場の人達に連絡をして、遊びに行きたいですね。

その後はもう、何度でもももちゃんちに行く。

里帰りの如く行く。

 

 

あと部屋のドアに猫ドアつけるでしょ、服を買うでしょ、それから

 

 

f:id:mumkick:20170716001016j:image

 GWに行ったジブリ美術館で購入した、フラップターのプラモデル。

これの完成に必要な工具や塗料を買う。

そして作る。

 

 

考える限り楽しいことばかりでね。

仕事探しの原動力になってます。

 

 

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

昨日今日と、父(休みの日でも朝8時には起きる人)が起床後につみれをリビングから出してくれたお陰で、私も午前中に起きる事が出来ました。

 

リビングを出たつみれはひとまず私の部屋の前まで走って来て、「このドアあけろ〜い」と鳴き始めるので。

これをされたら流石に起きない訳にはいきません。

どんな目覚ましよりも強力ですね。

耳元にある目覚ましの音は聞こえないのに、ドアの向こうのつみれの声は聞こえるっていう。

どんな特殊な周波数してるんだキミらの声は。

 

これから毎日父が仕事に行く前につみれを解放してくれたら、昼夜逆転状態を脱する事が出来るかも知れません。

(盛大に昼寝をしなければ、ね…!)

 

 

 

f:id:mumkick:20170716154318j:image

 頼りにしてまっせ。

 

 

 

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雑記

こんばんは。

 

先日、「アリが家に入ってくるようになった」という日記を更新してから、全くアリを見なくなりました。

なに、どうしたの。

見たの?あの日記。

 

アリがあの日記読んで、「マジかよじゃあ止めるわ」ってなったの?

いや、そうなら嬉しいけどさ。

ついになんかそういう、虫とコミュニケーションをはかる技を会得してしまった。

 

馬鹿な。そんなはずあるまい。

 

え〜なんかやだな〜もし何か、作戦練ってたら。

襲撃大作戦。

 

 

最近ヒアリのニュースもよく見るし、アリパワー侮れないよなぁ。

 

 

話逸れるんですけど、もし私がヒアリに襲われて死ぬってなったら、薄れゆく意識の中でどうやってつみれを守れば良いのか少し考えたんですよ。

 

私を刺したヒアリ軍団が、今度はつみれを狙う…!

私はその時どうすべきか。

 

⒈つみれを抱きしめて肉壁になる?

→いや、ヒアリは小さい。抱きしめた程度じゃ全く守れないし、むしろつみれが逃げるための自由を奪っている。

「却下。」

 

⒉じゃあ密閉出来る箱を用意しておいて、いざとなったらそこにつみれを入れる?

密閉出来ればヒアリも入ってこれまい。

→いや、密閉容器に入れられたが最後、おそらくつみれは自力で出る事が出来ない。

その内箱の中の酸素が無くなって窒息死してしまう。

それによしんば出れたとしても、そこにまだヒアリが居たらアウトだ。

「却下。」

 

⒊止むを得ない、外に逃すか。

→しかし外はもうヒアリのフィールド。我が家は既に包囲されていると考えていいだろう。

そんな状況で意識朦朧としながらつみれを外に逃がした所で、着地した地面で脚を刺されて終わる。

「為す術なしか…」

 

 

そんな訳で、夜中に飼い猫に向かって

「私がヒアリに襲われたら、悪いけど一緒に死んでね。」

と囁くメンヘラ飼い主が爆誕しました。

そして案の定つみれは全く気にしていない。

 

f:id:mumkick:20170711005308j:image

爪研ぎの角気持ち良いね〜 

 

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

 

部屋の掃除をしっかりやるとキッチリ4時間掛かる事が判明しました。 

以前、今日と同じ様に掃除した時も4時間だった。

ちゃんとは4時間。ザックリは1時間。

 

あのー、家具やなんかに積もった埃を全部綺麗にしようとすると、それで時間食うんですよね。

何故なら、とても細々したものをたくさん飾っているから。

 

 

f:id:mumkick:20170711010451j:image

その一部。

これ全部、ひとつひとつ手にとって埃を払って、また戻すんですよ。

まぁその、やり始めたら楽しいんですけど、掛かる時間は半端ない訳で。

 

ただ、前より少しだけ楽になったのは

 

f:id:mumkick:20170711010853j:image

この様に、コレクションボックスを利用した箇所。

まだ仕事してた時に買ったんですけど。

これは上の方に少し隙間があるやつなので、時間が経てば結局埃は積もるんでしょうけど、それでも有ると無いとじゃ天と地の差ですね。

あとつみれにいじられる事も無くなったので一石二鳥です。

 

 

まぁ、掃除は大変になりますが、それでもこういう飾り物を撤去するという気は

全く無い

ですね。

なんだかんだでゴチャゴチャしてるの好き。

 

 

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

 

部屋の掃除の後、まさかの筋トレをサボってまたExcelいじってました。

 

f:id:mumkick:20170711020032p:image

今日はこんな。

昨日の復習と、引き算と割り算の、えーと何だっけ。

算術演算子だ。

計算の結果を出すもの=関数だと思ってたんですけど、ちょっと違うんですね。

知恵熱上げる気かこの野郎。

 

あとは何か、数字の表記スタイルを「12345→¥12,345」に変えたり、関数や算術演算子を該当のセルに一気に入力したり。

昨日いちいちセル一個ずつに関数入れてたんですけど、一気に出来るなら早く言ってよもう。

いや、出来るんだろうなぁとは思ってたけど。

Excelさんの事だから、きっと出来るんだろうなぁとは思ってた。

思いながら、ちまちま一個ずつ入れてた。

わしゃあ、まだヒヨッコじゃからのう。

 

 

あと何も書いてない色付きの表は、挿入の練習ね。

これは前の職場で結構やってたんですけど、何と無くフィーリングでやってる感があったので、ちゃんと出来る様になろうと思って。

 

 

それから、

 

f:id:mumkick:20170711021915p:image

グラフも作りました。

これはなんか、作業自体は楽ですね。そして楽しい。

データに見合ったグラフをちゃんと選ぶのが難しそう。 

 

 

で、こう、色んなグラフがあるなぁ〜と思って見てたら、

 

f:id:mumkick:20170711022732p:image

一つだけ初めて見たものが。

 

 

f:id:mumkick:20170711022810j:image

は、箱ひげ…?

わ、分からん。

これだけは分からん。

グラフのボスだな。

 

 

 

今日最後に気付いたんですけど、参考にしてた本、

 

f:id:mumkick:20170711023020j:image

PCの方向けのやつなんですよ。

でもまぁ、「私はiPadでちょっと勝手が違うけど概ね一緒だろう」と思って使ってたんですけど、調べてみたら、普通にiPad向けのやつも出てるんですね。

まぁ、うん。出てるよね。そりゃあね。

そりゃ出てるよ、うん…

 

いや、これはこれで、良いから。

仕事で使うのはPCだろうから。良いから。

良い事に、しよう。

 

 

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

眠くなってきたので、寝ます。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

サム

こんばんは。

 

 

 

あのね、もうね、何にも解決してないんですよ。

 

いやその、ずっと分かってたんですけど、何も変わってないの、私。

抱えている問題を、何も解決していない。

 

辞めたかった仕事を辞めただけ。

現状、4ヶ月経った今でも新しい仕事に就けてないし、もちろん収入も無い。

生活リズムもグチャグチャのままだし、そのせいか口内炎めっちゃ出来てきたし、部屋が汚い。

 

 

まぁ、派遣会社への登録は済ませて来たし、自分でもまだまだ仕事探しはしてるんですけど、今後面接を受ける会社でまたPCスキルチェックみたいなのをされたら、多分落ちるんですよ。

 

このままではマズい。

ちょっとでも良いから、何かしないといけない。

とりあえず明日は部屋の掃除をするとして、

 

 

 

 

f:id:mumkick:20170710012333j:image

 見てくださいこの、初心者感。

 

前に受けた会社で行われたPCスキルチェックに出てきて、全く触れる事すら出来なかった「関数」です。 

 iPadでも無料のExcelアプリがあったので、インストールして作ってみました。

ちゃんと本屋さんでExcel関数の本を買って、読みながらキッチリお手本通りに。

もう、知恵熱出そう。

何だよ関数、便利かよ。

 

ひとまず今回は「平均」と「合計」の関数を覚えました。

知恵熱出そう。

 

ちなみに表の横で宙に浮いている70は、「合計」の欄を更に合計した全く意味の無いものです。

ですが、なに、その、関数を楽に入力するシステム(オートSUM)なんかがある事を知ってしまったので、表の中の平均値と合計値は全部それを使って入力したんですよ。

なので、一個ぐらいは全部手入力でやってみようと思い、入れた結果が70、という訳です。

出来た。上手く出来た。嬉しい。

知恵熱が出ます。

 

とりあえず今回はここまでにしておこうと思うんですけど、最後に疑問が。

 

 

「SUMって、なんて読むの?」

 

 

え、待って、書いてない。

買った本のどこを見ても、書いてないんですよ。SUMの読みが。

サム?そのまま読むとサムっぽいんですけど、なんか全部大文字だし略語かも知れない。

本、おい本、読みぐらい書いとけよ本。

 

えーちょっと待ってよ、私やだよ、人前で関数の話した時、

「この間やっとサム覚えてさ〜」

「サム?」

「そうそう、Excel関数の。」

「あぁ、エスユーエムの事?」

とか言われるの。赤っ恥も良いとこだよ。

「覚えてないじゃん」って言われても何も言い返せないし、「何かっこつけてサムとか言ってんのプププ」ってとどめ刺される。

もう、そんな事になった日には、なんだろ、羞恥心のパワーで私リンゴの木に完全変態しちゃうから。

やめてよそういうの。人間でいたいよ。

 

 

でまぁ、ここは普通にスマホで調べたんですけど、サムで合ってましたね。良かった。

そう言えば平均の関数は「AVERAGE」と略されずに表記されていたので、そこから「SUMは略語ではない」という事は安易に想像出来ましたね。

何だよさっきの無駄な想像の時間は。人間がリンゴの木になる訳ないだろ。

 

 

 

サム。英語で「合計」を意味する言葉だそうで。

ひとつ賢くなりました。

 

 

 

 

 

ちょっと待て、「サム」って名前の人、居るじゃん。

普通に居るじゃん。

 

え、なに、じゃあ外国人の「サム」って、日本語訳すると「合計さん」になるの?

お父さんとお母さんの合計だから?そうなの?マジで?

結構上手いこと言うね?

 

あ、でも人名の「サム」のスペルは、「SAM」である事がほとんどですね。

読みは一緒だけど、書きが違う。よって意味も違う。

疑ってごめんなさい。

まぁ日本で言うと「豪慶さん」って所でしょうか。

居る?居るの?豪慶さん。知らないけど。

 

まぁね、名前は名前。合計は合計。

全く別物ですよね。

無駄な時間しか過ごせないのか私は。

 

 

 

まぁそんな感じの、関数日記でした。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

つみれ写真

 

f:id:mumkick:20170705031351j:image

お尻つみれ

 

 

 

 

f:id:mumkick:20170705031459j:image

コードで遊びつみれ

(引っ張り出すだけで、噛んだりはしない)

 

 

 

f:id:mumkick:20170705031605j:image

 

 

 

 

f:id:mumkick:20170705031620j:image

肩まで入れつみれ

 

 

 

 

f:id:mumkick:20170705031651j:image

お腹つみれ

 

 

やめてつみれ…

 

 

 

 

 

 

f:id:mumkick:20170705031414j:image

遊び疲れて寝つみれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

甘味好き

こんばんは。

 

 

あ、なんか今すっごい美味しいロイヤルミルクティー飲みたい。

 

あと何か、ピザとかハンバーガーとかポテトとか食べたい。

 

 

くうぅ!くふううぅ!!

 

 

 

 

あ、そう言えばこの間父がロイヤルミルクティー味のアイス買って来たんだった。

なんてピンポイントな偉業を成し遂げてくれたんだ、父…!

この欲望、金を掛けずにまかなえる…!

ジャンクフードに関しては、そうだなぁ、ソースとマヨネーズを混ぜたものを、魚肉ソーセージに付けて食べる事で何とか乗り切ろう。うん。

要はソース的な味が欲しいんだ。きっと。

 

 

 

先日、歯医者の帰りにどうしても欲望に勝てなくて、スーパーで70円くらいのお饅頭一個と小さいペットボトルの緑茶を買って帰ったんですけどね。

 

 

 

 

もう、幸せ過ぎて。

 

 

 

こ、こんなに幸せなの…?!

好きな物を食べるって、こんなに幸せなの?!

ってなって。

 

確実に、お腹以外の何かが充たされました。

 

 

お饅頭万歳。

 

 

 

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

最近、家の中に小さな蟻が出没する様になってしまって。

毎日では無いんですけど、2、3日に一回、数匹見かけるんですよね。

なので、食べカスなんかにはかなり注意しています。

棒アイスの袋とかも、全体をざっと水で洗ってから捨ててます。

うちのゴミ箱は密閉型じゃ無いので、ニオイに誘われて来てしまいそうで。

 

 

 

 

f:id:mumkick:20170703030750j:image

蟻が出てくるのを待ち構えるつみれ。

あの辺からいつも現れる。

 

私が相手してないのにつみれが一人で床を叩いてる時、そこに蟻が居ます。

つみれが蟻を食べたりしても困るので、すかさず私がティッシュで捕まえに行きます。

で、「御免」するのです。

 

 

 

 

しかし、蟻の入り口となっているであろう穴が全く見えない所にあるらしくて、太刀打ち出来ません。

食べ物の処理に気を配るしか無いですね。

あぁ蟻よ、我が家は何も無いし、むしろ貴方方の命を脅かす生き物が2匹も居るのだから、危険を察知して諦めてくれ。

 

 

と、蟻に言って伝わったら良いのに。

はぁあ。

 

 

 

 

 

ではまた。