Second DAY

適当なただの日記です。

パーティーの時にニートじゃないという喜び

こんばんは。

 

ももちゃんの結婚パーティーにしていくアクセサリーを買って、当日爪に色塗って上から貼ろうと思っているネイルシールも買って、ドレスと靴は以前買ったものがあるので大丈夫だし、パーティー用の小さいカバンも買ったし、準備は万端です。

 

 

と思ったら、ドレスの上から羽織るボレロが無いの。あっは。

 

なんなの。

ドレス買った時にセットで付いてきたボレロ、どんなタイミングと気持ちで捨てたの?

その時の私何なの?妖怪「断捨離」だったの?

 

まぁ、夏なので「着ない」という選択肢もあるんでしょうけど、やっぱりワキ見られたくないしね。

準備しますよ。

 

 

もうすぐだなぁ〜

楽しみ。

 

 

⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘⌘

 

仕事の初日だったんですけど、あの、楽しかったんですけど、ホントもう、オフィスも働いてる人達もみんなオシャレでキラキラしてて眩しくて、「私本当にここに居ていいの?感」がハンパなかったです。

私なんて高校中退して一時期半分引きこもりみたいになってたし、その時の何とも言えない空気感を引きずったまま大人になって4ヶ月ニートだったんだよ?

まぁ、いいやそれは。

 

 

でもみんな本当に優しそうな人達ばかりで。

正直まだ同じ部署の人しか名前は覚えてないんですけど(何人か紹介してもらったのに)、これから徐々に馴染んで覚えていきたいです。

 

 

嬉しいことに、初日にして褒めてもらえるような「結果」を出す事が出来たんですが、適当な事して迷惑も掛けました。

でも何だろう、とにかくフォローが優しい。

まぁその、さすがに初日だからというのもあるんでしょうけども、それにしたって優しい訳で。

 

お陰で緊張はするんですけど、不安は無かったです。

 

 

で、その、派遣先会社の上司が、

「その内資格取ってもらうから、勉強頑張ってね♡」

「菊ちゃんどぉ?順調?」

「前の上司に『派遣は絶対やめた方がいい』って言われたみたいだけど、そんなのは覆していこうぜ。時代は変わったんだよって。」

と、ハナから長期雇用するつもりのような態度で接してくれるので、モチベーションも上がると言うか。

特に最後の言葉は嬉しかったなぁ。

派遣はよほど優秀じゃない限り、簡単に切られるものだと覚悟していたので。

 

私の先輩に当たる男性も、私より若いのにしっかりしていて、努力家で面倒見の良い人でした。

もう、めちゃくちゃ頼りました。

 

はぁあ。本当に、ここに決まって良かったです。

 

 

 

何故か派遣会社側のルールで、「私服勤務の企業であっても初日はスーツでお願いします」と言われたので今日はスーツだったんですけど、来週からは晴れて私服です。ヒャッホーウ!!

動きやすい伸縮性ある生地!!歩きやすいペタンコの靴!!

今日は全員が私服の中、私1人だけスーツでちょっと恥ずかしかったんだからね!もう!

 

上司からも

「へぇ〜、スーツなんだね。私服でいいのにね。」

と言われ、

「そうですよね」

以外の言葉が出て来なかったよ。

 

 

いやぁ、面接やら何やらで散々窮屈な思いをさせられたスーツとも、これでしばらくはオサラバです。

よく頑張ったね。偉い。ありがとう。でも嫌い。

 

 

 

まぁ、今日は休日前で「良い刺激だったなぁ」ぐらいの感覚で終わってしまったんですが、来週からは慣れない5連勤、頑張ります。

これを当たり前にしていかなきゃ。

 

 

 

 

ではまた。